据え置き型の浄水器の魅力

浄水器は安全で美味しい水を飲むために必要な機器で、一般家庭に広く普及しています。

蛇口に直結するタイプがよく知られていますが、すべての不純物を除去したい場合には性能が不十分であるケースも見受けられます。そこで注目を集めているタイプの浄水器として据え置き型があります。これは台所などの蛇口にホースを取り付け、据え置き型浄水器の本体に水を取り込みます。取り込んだ水を本体に内蔵されているフィルターで除去するというものです。メリットはろ過性能が高いことです。

蛇口に取り付けるタイプとはフィルターのサイズが異なります。単純にフィルターを通る時間が長くなるので、その分確実に除去することができます。また、蛇口タイプでは流量が多いとろ過性能が下がりますが、据え置き型では流量に関係なく安定したろ過が可能です。さまざまな業者が取り扱っていて、その機器も異なります。

そのため、購入費用も変わってくるので、比較することが重要です。ただ、取り付けに関しては難しい知識は不要です。取扱説明書を確認しながら個人で取り付けることが可能です。蛇口直結型の場合も据え置き型も定期的にフィルターの交換が必要となります。蛇口直結型の場合は、フィルター自体が小型なので頻繁に交換が発生します。しかしながら、据え置き型はフィルター自体が大型なので、製品にもよりますが一年に一回程度の交換で性能を維持することができます。つまりメンテナンスが容易と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *