メリットの多い据え置き型の浄水器

据え置き型の浄水器には色々なメリットがあります。

よく言われているのが有害物質の除去性能が優れている点であり、実際に除去できる物質の数はかなり多くなっています。これは導入する上で誰もが気になる部分ですので、性能に優れていることは大きなポイントです。シンクの上で使えるのも据え置き型ならではの特徴ですが、これはビルトインタイプとよく比較される点となっています。ビルトインはシンクの下に設置し、しかも工事が必要です。工事をするとなると手間がかかるため、躊躇してしまう人が多いようです。

フィルターの寿命が長いことも見逃せません。浄水器の中でもっとも手頃な種類の一つであるピッチャー型は毎月のように替えなければなりませんし、蛇口に直接つけるタイプも数か月に一度の交換が必要です。

据え置き型の浄水器は年単位で使用でき、短くても1年間隔での交換となります。長ければ更に期間をあけられるものもありますので、フィルター交換の手間もそれほどかかりません。調理をする際に軟水を使う人が多いのですが、軟水を出せる浄水器もあります。調理向きの水を用意できることで利用の幅は広がりますし、アルカリイオン水を整水できる製品にするともっと便利です。機能にとことんこだわれば製品自体は少し大きなものになるかもしれません。しかし、一度購入したらフィルターを交換し続けるだけでずっと使えます。初期費用だけでなくランニングコストも含め、トータルで考えることをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *